医師求人お役立ち情報
病院イラスト

転科を考えている人への医師求人

医師専用の会員制医師求人サイトが、再び医師になるとしたらどの診療科を選びますか?とアンケート調査し、有効回答2648を分析しました。

その結果、今のままの診療科が良い、と転科を希望していない人が57%、耳鼻科や眼科や皮膚科などのマイナーな診療科と答えた割合が18%、外科や内科産婦人科などメジャーな科と答えた割合が14%でした。

一方転職回数を尋ね3141の有効回答を分析すると、転職したことはない割合が48%、1回が28%でした。この中には開業も含まれますが、医局人事での勤務先の変更は含みません。これを重ね合わせて考えると、人手が少なく医師求人が多いけど多忙な診療科への転科を考えている医師は少ないことが判ります。

医局から、他の病院への長期出向や派遣に期待を寄せているのが現状のようです。しかし、医師求人で自分で探して、給料が大幅にアップした例や、自分の時間を持てるようになったという例も多いです。